新建築 2021年12月号発売となりました !

a+u 2021年11月号 特集:ジョンストン・マークリー Feature: Johnston Marklee

Cover / Canal House  表紙/「カナル・ハウス」

a+u 2021年11月号

2,852 税込

在庫あり

商品コード: 402111 カテゴリー:

日本語 + 英語/200頁/219x292mm/A4変型/平綴じ

電子版
紙版

Content

『a+u』11月号はジョンストン・マークリー・アンド・アソシエイツを特集する。1998年に設立、ロサンゼルスの文化に根差した同事務所は、施主層や建物用途という点だけでなく、設計へのとり組み方においても近現代美術に参照を求めている。アイコニックな住宅作品がきっかけで国際的知名度を獲得するが、過去10年に事務所の手がける領域は拡大し、様々なビルディング・タイプの設計に携わっている。その楽しげでシンプルな見た目の背後には、すべての作品に共通して、多くの思索が隠されている。「近似的建築」として始まった初期の思索は、いま「極端と中庸」へと収斂する作品群へと実を結んでいる、と2本のエッセイでシャロン・ジョンストンとマーク・リーは述懐する。本号では、住宅から展覧会、美術館から公共建築までにいたる26作品、そして8テーマに沿ったコラージュとともに、ジョンストン・マークリーによる仕事の全貌を紹介する。ここに「生彩を添える」のは、全編に散りばめられた12組の協働者・同業者らによる解説文である。(編)

エッセイ:
一般的な個別解──近似的建築のための5項目
極端と中庸 
シャロン・ジョンストン、マーク・リー

UCLAマーゴ・リーヴィン大学院アート・スタジオ

ライス大学視覚芸術・舞台芸術学科

イリノイ大学シカゴ校アート・センター

グリーン・ライン・アート・センター

スーパーレジン工業坂浜工場

ノール・ホーム・デザイン・ショップ

Dropbox本社屋

コラージュ:
ギャラリー/展覧会/参加型空間

エッセイ:
作業室を抜けたガラス戸の向こうで、天窓の光に照らされた小書庫
アナ・ネイマーク

建物の性格
ヴォンネ・イックス

万人に語りかける
エマニュエル・クリスト

コラージュ
外観

メニル・ドローイング研究所

フィラデルフィア・コンテンポラリー

ヒルベルト・カリフォルニア・アート美術館

シカゴ現代美術館

自然史博物館およびバーゼル州立アーカイヴ

ロサンゼルス現代美術館

六望亭

コラージュ
アーティストによる写真

エッセイ:
白地に白 
マウリシオ・ペゾ、ソフィア・フォン・エルリッヒスハウゼン

重みをなくす造形
ケルステン・ゲールス

カナル・ハウスで考えたいくつかのこと
長谷川豪

コラージュ
ディテール

ハット・ハウスとクリフ・ハット

ヒル・ハウス

アーク・ハウス

セール・ハウス

カナル・ハウス

カサ・デ・モン

ヴォールト・ハウス

コラージュ
模型

眺望

平面

エッセイ:
空飛ぶヴォールト
ピア・パオロ・タンブレッリ

ヴォールト・ハウス
エリック・ラピエール

デジタル時代の建築
ジャネット・クォ

コラージュ:
アルファベットとコラージュ

バブコック

ホーリー・ハント・ロサンゼルス

形態による形態

デイベッドの部屋

2017年シカゴ建築ビエンナーレ:新しい歴史の創造

エッセイ:
ジョンストン・マークリーの作品について 
マイケル・メレディス、ヒラリー・サンプル

本物の建築家のなせる建築
アントン・ガルシア=アブリル、デボラ・メサ

一線を引く
アルフレード・ティアマン